体を維持するのに必要なエネルギー源として

いんきんたむしというのは、医学上は股部白癬という名称で、
カビの一種である白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、
お尻などの部位に何らかの理由でうつり、
寄生してしまった感染症の事であり俗に言う水虫のことなのです。


くも膜下出血とは90%近くが「脳動脈瘤」と言われる血管が変形してできた瘤(コブ)が裂けて脳内出血する事が理由となって起こる死亡率の高い病気として認識されています。


汗疱というのは主に手の平や足の裏又は指の間などに細かい水疱が現れる症状で、
おおむねあせもと言い、足裏に出現すると足水虫と早とちりされることも多くあります。


脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常が誘因で出現する湿疹で、
皮脂の分泌異常の因子としてアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの崩れやV.B.複合体の不足などが考えられているのです。


アミノ酸のグルタチオン(Glutathione、
GSH)には、細胞の機能を衰退させたり突然変異を招く悪影響を及ぼす物質を体の内側で解毒し、
肝臓の能力を促すような力が認められているのです。


ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が切れてしまった後に購入できる、
新薬と同じ成分で金銭的な自己負担が少なくて済む(薬の価格が高価ではない)後発医薬品のことを意味します。