DHAと血液サラサラの関係

血液中に中性脂肪やコレステロールが増えてしまうと、血液がドロドロになり、その脂質がプラークと呼ばれる塊りになってしまい、それが心臓で起きると心筋梗塞になり、脳で起こると脳梗塞になってしまいます。また動脈硬化も進行してしまう危険性があります。

 

イヌイットという民族は野菜や果物をほとんど食べない生活をしていました。そこでイヌイットの健康状態はどうなのかを検査した結果、血液サラサラで健康だったのです。その理由を調べた結果、イヌイットはアザラシを食べていたのです。そしてそのアザラシはアジやイワシなどを食べていたので、アザラシにもDHAとEPAが多く、この成分がイヌイットが血液サラサラを保てる秘訣だということが分かったのです。

 

ですので近年になり青魚などに多く含まれ成分DHAとEPAが血液サラサラ効果があると注目されてきたのです。このDHAとEPAにはどちらにも中性脂肪と悪玉コレステロールをせらしてくれる作用があるのです。またどちらの成分も体内では生成されないので外から摂取しなくてはなりません。

 

DHAとEPAが多く含まれている食材は、サバやアジ、イワシなどの青魚に多く含まれています。しかし加熱してしまうと減ってしまうので生で食すことが一番効果があります。またクルミにもDHA・EPAが豊富に含まれていますので、青魚よりも手軽に摂取することができます。