ナットキナーゼと血液サラサラの関係

血液サラサラ効果が期待できるという事で生活習慣病対策のサプリメントなどに配合されているナットキナーゼと呼ばれる成分をご存知でしょうか。
ナットキナーゼは納豆のネバネバした部分に含まれている成分で、血液の流れを滞らせてしまう血栓を作り出すフィブリンと呼ばれるたんぱく質を分解する働きがあるために血液サラサラ効果が期待できるのです。
乱れた食生活などを続けていると血液中のコレステロールや中性脂肪が過剰な状態になって、血管壁などに血中コレステロールが沈着してしまう可能性が高くなるのですが、そうなってしまうと血管を狭めてしまうので血液の流れが滞り、血栓ができやすくなってしまう事で動脈硬化を引き起こして大きな病気につながる可能性があるのです。
ですから血液サラサラ効果が期待できるナットキナーゼという成分が注目を集めているのですが、ナットキナーゼは納豆で摂取するのであれば1日50g毎日食べるのが効果的だと言われています。
また脳梗塞や心筋梗塞などの大きな病気は朝起きる事が多いと言われているので夜に納豆を摂取するの効果的だという話もあるようです。
ただ納豆が好きでない人もいるでしょうから、そういった場合はナットキナーゼが含まれたサプリメントが多数販売されていますから、それらを利用して血液サラサラを目指してみるとよいかもしれません。