酢とと血液サラサラの関係

穀物や果実などを酢酸発酵させて作る酢は、発酵の力によって旨み成分のアミノ酸が凝縮した調味料です。
強い抗菌作用があり、疲労回復効果が高いことは有名ですが、血液サラサラ効果もあるのが魅力です。
酢の力によって血液にたまった老廃物を除去して、血流を改善させることができます。血流の循環に深く関与して、赤血球や白血球の流れを円滑にします。血液サラサラの状態になれば、高血圧も予防することができます。
長期熟成によって、うまみ成分を極限まで引き出している黒酢は酸味が穏やかですから、調味料として使うだけでなく、水などで割って飲むことができます。血液サラサラ効果を飛躍的に高めるためには、ドレッシングを活用して、ビタミンEが豊富な植物油と酢を組み合わせるようにすると効果的です。植物油に多く含まれるビタミンEもドロドロした血液をサラサラにする効果があります。オリーブオイルに黒酢をたっぷりと加えて、さわやかな風味のドレッシングにして好きな野菜にかけて食べれば健康的です。血液サラサラ効果が高いことで有名なタマネギと一緒に食べるようにすれば、血液サラサラの相乗効果が期待できます。酢だけでは飽きてしまうことがありますから、他の食材と組み合わせるようにして、栄養バランスにも配慮をしていくと効果的となります。