玉ねぎとと血液サラサラの関係

血液は酸素や栄養素を体の各部分に運んだり、老廃物の排出や体温調節においても重要な役割を果たしているのですが、血液中にコレステロールや中性脂肪が増えた状態になりますと血液がドロドロになってしまって動脈硬化を引き起こす可能性があるのです。
そして動脈硬化は命に関わる深刻な病気につながる可能性がありますから、血液サラサラの状態に改善して維持する事でこういった病気の予防に効果的だと言われているのです。
そういった中で玉ねぎは血液サラサラの状態に改善する期待ができるという事で以前から注目を集めているのですが、玉ねぎには血液中に血栓をできにくくする働きや血液中の脂質を減少させる働きがあるアリシンという成分が含まれているので、血液サラサラの状態に導いてくれる期待ができます。
また玉ねぎにはクェルセチンという成分も含まれているのですが、この成分には生活習慣病予防や血管壁や毛細血管を強化する働きがあると言われていますし、血液サラサラの状態にする効果も期待できるようです。
こういった血液の健康維持に効果が期待できる成分を含んだ玉ねぎは、水にさらすと成分が溶け出してしまうと言われているので生でスライスして食べるのが最も効果的になるようです。