動脈硬化

動脈硬化とは血管の弾力性や柔軟性が失われてしまう症状を指し、血液がスムーズに循環しなくなる事で様々な病気の原因とリスクを高めます。
主に老化が進むと同時に起こりやすい特性を持っており、中性脂肪やコレステロールの過剰な蓄積も症状を急激に悪化させる要因であると言われています。
よって、肥満体質や高血圧の症状が見られる場合には警戒が必要となり、動物性脂肪の取りすぎや運動不足・喫煙・過剰な飲酒などが絡むと危険性が高まるので、生活習慣を改善して動脈硬化を促進しないような心がけが不可欠となってきます。
動脈硬化は命の危険を伴う心疾患や脳血管疾患との関連性が強く、血管の状態が悪化しても自覚症状がほとんどない理由から早期発見が難しいのも問題とされています。