HDLコレステロール

HDLコレステロールは余っているコレステロールを肝臓に運び込み、動脈硬化を防ぐため善玉コレステロールと呼ばれます。
コレステロールは本来、細胞膜やホルモンの材料となり体にとっては必要なものですが、食べすぎたり運動不足により、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が増えHDLコレステロールが減ると、脂質異常症の危険が高まり動脈硬化につながります。
また喫煙もHDLコレステロールを減らす原因に一つです。日本動脈硬化学会ではその目標値として40r/dL以上としています。HDLコレステロールを増やし、血液中の脂質バランスをよくするには運動を行うことが大切です。
運動をすると、中性脂肪が燃焼、分解してエネルギーとして使われます。
中性脂肪が減るとHDLコレステロールが増え、LDL(悪玉)コレステロールの数値にもよい影響を与えます。
運動としては特にウォーキングのような有酸素運動がお勧めです。