脳梗塞

脳で使用される酸素と栄養素は動脈を通って脳組織に入りますが、この動脈が詰まって血液の供給が中断されると酸素不足で組織が壊死し、脳組織の機能が低下したり、喪失される脳梗塞を引き起こします。
脳梗塞が生じる危険因子としては、高血圧、高脂血症、虚血性心臓病、心不全、糖尿病などの疾患や、高齢、薬物、タバコ、お酒、運動不足などがあり、特に動脈硬化が最大な原因となります。
治療方法としては、血栓溶解剤や抗凝固剤、脳圧降下剤などで血液の流れや代謝を改善させる薬物療法があります。
また、脳梗塞はバランスの良い食生活や、禁煙はもちろん、適切な運動、ストレス解消など、普段の健康管理で高血圧などを予防することが最も大事であります。