心筋梗塞

心臓の周りには冠動脈という血管があり、これが心筋に酸素と栄養素を運んでいますが、動脈硬化などが原因でこの冠動脈が狭くなると血流が悪くなり、血管内のプラーク(脂肪の塊)が破れて血栓ができると冠動脈が完全に詰まって心筋にまったく血が行かなくなり、心筋細胞は酸素や栄養が欠乏して壊死していきます。この状態を心筋梗塞と言います。
心筋梗塞になると胸に強い痛みを感じ、呼吸困難・吐き気・冷や汗などを伴うこともあります。安静にしても強い痛みが30分以上続くときはすぐに救急車を呼びましょう。処置が遅れると命を落とす危険性があります。
心筋梗塞は主に動脈硬化から来るもので、食事・運動・喫煙・飲酒・ストレスなどの要因が大きく関わっています。